5BA+1DD

中高音重視の派手な出音のCCA AUDIOの新作5BA+1DDの多ドライヤホン「CCA-C12」レビュー【イヤホンレビュー】

今回はCCA-C12のレビューをしたいと思います。

CCA-C12はCCA社から販売された新しいイヤホンです。

CCA社は今まで片耳5BAドライバーや8BAドライバーの多ドライヤホンを作っている印象を受けていました。

そのため、価格帯としてやはり多ドラ傾向ということもあり中華イヤホンとしては高めの7000円や15000円という高価格帯のイヤホンを作っていました。

しかし、今回のCCA-C12は片耳5BAドライバー+1DDという初のハイブリッド構成で合計6ドライバーという多ドラ構成ながらも6000円を切る価格でCCA社のイヤホンとして、またドライバー数に比べて大変お得なイヤホンとなっています。

どこかで見たようなデザインですが、フェイスプレートは金属で高級感があり、今までのCCA社の高級路線のイメージはそのままに価格を下げてきている印象です。

CCA-C12はどのような音作りがされているのでしょうか。

読者様の購入の参考になれば幸いです。

CCA-C12の仕様について

仕様
Model Number: CCA-C12
インピーダンス:22Ω
カラーバリエーション: ブルー、ゴールド
ヘッドホン感度:112dB
プラグタイプ:2pin (QDCタイプ)
周波数応答の範囲:7Hz-40kHz
構成: 1DD+5BA ハイブリッド型イヤホン

CCA-C12 のカラーバリエーションは2種類です。

私は今回ゴールドカラーのモデルをHiFiHear(@Qianqian_HRcase)さんから提供していただきました。

値段は5800円です。

販売店はAmazon、Aliexpress、DROP等が大手だと思います。

保証は一年です。

CCA-C12 は5BA+1DDドライバーのハイブリッド構成のイヤホンです。

また、2pinですのでリケーブルが可能です。

ただ、QDCタイプの2pinなので通常のケーブルと異なりますので注意が必要です。

CCA-C12の外観等について

購入時の外観、付属品について

外箱はCCA社のいつも通りのパッケージとは異なり黒を基調としたとても大人な感じです。

CCA-C12のパッケージは高級感が非常にあるのでこの路線を続けてほしいですね!

パッケージ付属品について

イヤーピース1種類×3サイズ

ケーブル

保証書類

内容物は変わりなくいつものです。

CCA-C12は持ち運び用のケースがついてこないので別途購入する必要があります。

購入時の本体の外観について

CCA-C12 の筐体はフェイスプレート、ノズル部分が金属製、シェル部分がプラスチック製です。

CCA社のイヤホンはいつも外観が綺麗です。

CCA-C12は金属製で、バリなどありません。

また、傷もなく大変きれいな状態です。

ただ、多少シェルとフェイスプレートの接着跡が見えます。

さらに、フェイスプレートの周りは傷が目立つ ZS10 PRO と同様の加工がされています。

本体の大きさはドライバー数に比べるとだいぶ小さめです。

片耳6BAドライバーとは思えない小ささです。

筐体は金属とプラスチックのハイブリッド筐体なので重くはありません。

そのため、フィット感が良く耳が小さい人でも長時間使用が出来ると思います。

ステム部分について〉
CCA-C12のノズルは引っ掛かりが有ります

そのため、外での使用でもイヤーピースの落下を気にすることが無いためおすすめ出来ます。

他のイヤホンとのサイズ比較

CCA-C12TRN-V90TP10とのサイズ感は写真のような感じです。

弱ドンシャリ傾向で音場の広い高解像度の4BA+1DDイヤホン 「TRN-V90」レビュー【イヤホンレビュー】 今回はTRN-V90のレビューをしたいと思います。 TRN-V90はTRN社から販売された新しいイヤホンです。 T...
" class="blog-card">
弱ドンシャリ傾向で音場の広い高解像度の4BA+1DDイヤホン 「TRN-V90」レビュー【イヤホンレビュー】 今回はTRN-V90のレビューをしたいと思います。 TRN-V90はTRN社から販売された新しいイヤホンです。 T...

CCA-C12の音質について

レビューの前提として

〈エージングについて〉
私は実体験からイヤホンにエージングは必要があると思っています。

〈エージング方法について〉
私のエージング方法は適度な音量で100時間超エージング用音源(オーディオ機器エージング用WAVファイル集の詳細情報 : Vector ソフトを探す!)でエージングし、次に100時間音楽ランダム再生の計200時間超を目安としています。

〈再生機器について〉
WM1A、アンバランス出力、ハイゲイン出力です。

〈高音、中音、低音について〉
高音はシンバル

中音はボーカルやバイオリン・ピアノ

低音はドラム

をイメージしています。

〈イヤーピースについて〉
付属の物は使わないです。

私の良く使うイヤーピースは、OSTRY、スピンフィット、スパイラルドット、コンプライ、SednaEarfitです。

CCA-C12 では主にスピンフィット、SednaEarfitを試しました。

CCA-C12の音質

〈全体的な出音のバランス〉
CCA-C12中高音の印象強めの逆ピラミッド傾向の音でボーカルのきれいなスッキリとした寒色イヤホンです。

出音のバランスは中高音が強め、次に低音という印象のピラミッド傾向です。

低音は中高音に比べると弱めですが、低音もしっかりと出ています。

全体的にはっきりとしたキレのある音のイメージです。

多ドラは濃いめの音の印象を受けることが多いのですがCCA-C12は音が濃いとは感じません。

すっきりとして聞きやすいです。

出音の強さのイメージとしては高音≧中音>低音のイメージです。

音の傾向としては寒色です。

〈高音〉
CCA-C12で最も印象的に聞こえる音域です。

音の量が多く、また距離の近さからかなりはっきりと高音が聞こえます。

高音のレンジも広く超高音もしっかりと聞こえます。

刺さるギリギリを攻めている感じなので多少シンバルなどの刺さりがありますがかなり高音は心地いいです。

音の距離としては近いです。

〈中音〉
CCA-C12で高音の次にはっきりと聞こえる音域です。

量が多いのに加えてクール系でさっぱりとした音なのもあり、しっかりと聞こえる音域です。

距離も近めで、曲によってはかなり出ているように聞こえるため、ボーカルが好きな人にオススメできます!

サ行の刺さりは感じません。

距離は近め~普通です。

〈低音〉
CCA-C12で最も印象が弱い音域です。

しっかりと出ていますが、他の音域に比べるとはっきりと量が少ないです。

DD搭載機なのでしっかりと深い低音も出ています。

ただ、深い低音も含めて全体的に低音は量が少なく、少しボヤっとした低音なので低音好きにはオススメできません。

音の距離は普通です。

〈解像度〉
解像度は良いほうですがとても高い!と印象は受けません。

やはり、印象の強い中高音は良いです。

しかし、低音がボヤっとしているのが気になります。

全体的にはキレのあるしっかりとした出音です。

〈分離感〉
分離感は良いです。

音場は広くはありませんが左右の分離はなかなか良い印象を受けました。

音数が増えても個別の楽器を聞き分けられます。

〈音場〉
音場は狭い~普通です。

分離感は高いですが音場が狭い印象です。

ただ、中音が近めなのと分離感が良いのでボーカルをしっかりと聞くことに適しています。

〈音量のとりやすさ〉
音量はとりやすいです。

ハイゲイン22前後で聞いています。

音以外の評価として

〈遮音性(音漏れ)について〉
CCA-C12 はDD搭載の機種なので、背面に1か所空気穴があり、音漏れがあります。

しかし、音漏れの量は少ないです。

また、遮音性は良いです。

よって、通勤・通学用のイヤホンとして使用をおすすめ出来ます

〈ケーブルについて〉
CCA-C12 のケーブルはKZ社やCCA社のいつものケーブルです。

被膜が固く癖も強めです。

また、タッチノイズがあります。

持ち運びやすいケーブルとは言えなさそうです。

より良い音で聞くためにはリケーブルが必要です。

リケーブルはKBX4869とKZ純正8芯が良く合うそうです。

芯数が付属のケーブルよりも増えるので情報量が増えて良くなりそうですね!

CCA-C12のまとめ

CCA-C12の特徴

  • ボーカルが近くはっきりと聞こえるのでボーカル好きにおススメ
  • 音がハッキリとしている
  • 中高音が目立つので中高音が好きな人にオススメ
  • 派手目な明るめサウンドで音楽を楽しく聞ける
  • 透明感の高さ

  • 高音が多少刺さる
  • フェイスプレートの一部が傷つきやすいこと
  • 付属ケーブルの質

CCA-C12の評価

個人的な価格比のおすすめ度です

高音 4.5
中音 5.0
低音 3.5
分離感、解像度等 4.0
総合評価 4.5

CCA-C12中高音の印象強めの逆ピラミッド傾向の音でボーカルのきれいなスッキリとした寒色イヤホンです。

中高音重視な出音で派手目サウンドで音を楽しく聞けるイヤホンです。

全体的な距離も近くしっかりと音が聞こえます。

個人的には中高音好きな方にかなりおすすめです!

CCA-C12は低音が弱いことに多少目をつぶれば音の明るさや派手さがかなり好みなイヤホンです!

また、付属品が少ないためケーブルがリケーブル必須なのとイヤーピースも交換必須なのはいつも通りなので(笑)

個人的にこの価格帯でも派手目な音が好きな人にかなりおすすめできる良いイヤホンです!

では次のイヤホンレビューにて。

https://akanamo.com/trn-v90/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です