1DD

【おすすめ】聞いて良かった、シンプルイズベスト1DDイヤホン8選【イヤホンレビュー】

私はイヤホンが好きでこれまで価格の安いものから高いものまで100本を超えるイヤホンを購入してきました。

このとこの雑記帳は雑記ブログとタイトリングしながらかなりの割合をイヤホンの記事が占めています(笑)

しかも、まだまだ記事化していないイヤホンも手元にはたくさんあります。

今後記事に追加していきます!

私は個人的にSennheiserのIE800がかなり好きで、今でもIE800を愛用しているほど1DDイヤホンが好きです。

お金が貯まったら次はHIFIMAN RE2000を購入したいとも思っているほど1DDのイヤホンには魅力を感じています。

そのためなのか、本ブログでも1DDイヤホンのレビュー記事の掲載が10本を超えました。

そこで、今回これまでで記事化してきた1DDイヤホンをそれぞれのイヤホンの私のおすすめポイントを交えながら紹介していきたいと思います!

1DDイヤホンは片耳のイヤホンに対してドライバーが1つとシンプルな構成です。

その分出音に各社のそれぞれの個性が出やすいドライバー数となっている印象です。

各イヤホンにどのような個性があるのでしょうか。

では以下どうぞ~

TFZ SIREIS2

TFZ社のTFZ SERIES 2です。

TFZ SERIES 2の良さはクールな美音系の出音と音場の広さです。

出音のバランスはドンシャリ傾向でクールな出音と相まってとてもはっきりと音を楽しむことができます。

また、音場が広いため、音数の多い曲でも分かりやすく聞こえます。

f:id:lzaakki:20190718164046j:plain

ケーブルはリケーブル可能です。

TFZ SERIES 2のケーブルは2pinタイプのケーブルです。

そのため、断線したとしても2pinのケーブルを購入すれば聞くことができます。

TFZ SERIES 2は付属品がたくさんついています。

f:id:lzaakki:20190718164042j:plain

イヤーピースは2種類ついておりベストなサイズ、質感を選び自分に合った出音で音楽を楽しむことができます。

柔らかいケースもついており、持ち運びも非常に便利です!

さらに、TFZ SERIES 2はカラーバリエーションが豊富なため自分の好みの色を選ぶことができます。

好きな色のイヤホンをしたい方や女性にもおすすめです!

NICEHCK EP35

NICEHCK 社のNICEHCK EP35です。

NICEHCK EP35の良さは1DDイヤホンに珍しい中音域重視のイヤホンです。

出音は全体的に強いのですが、特に中音域が目立って聞こえます。

中音域の距離も近いためボーカルホンに向いているイヤホンです。

f:id:lzaakki:20190718181125j:plain

ケーブルはリケーブル可能です。

NICEHCK EP35のケーブルのタイプはmmcxです。

そのため、断線したとしても2pinのケーブルを購入すれば聞くことができます。

f:id:lzaakki:20190718181129j:plain

NICEHCK EP35は付属品が多いです。

イヤーピースは2種類入っているため、ベストなサイズをセレクトできます。

また、NICEHCK EP35にはセミハードケースもついており、少し混んでいるくらいの電車やバスなどでも安心して持ち運ぶことができます。

かなりサイズが小さめで持ち運びも楽ですよ。

TFZ KING

TFZ社のTFZ EXCLUSIVE KINGです。

TFZ EXCLUSIVE KINGの良さは質の高い低音と中音が同時に楽しめることです。

低音の出音は強いのですが、低音は強すぎずクール系な美音で他の音域に被らずにしっかりと聞こえてきます。

中音は低音に被らずにしっかりとはっきりと聞こえてきます。

また、それぞれの音の分離感が高いこともしっかりと各音を聞き取れる点に作用していると思います。

f:id:lzaakki:20190718183615j:plain

ケーブルはリケーブル可能です。

TFZ EXCLUSIVE KINGは2pinタイプです。

そのため、断線したとしても2pinのケーブルを購入すれば聞くことができます。

f:id:lzaakki:20190718183622j:plain

TFZ EXCLUSIVE KINGは付属品が多いです。

イヤーピースは2種類入っているため、ベストなサイズをセレクトできます。

また、柔らかいケースもついており、持ち運びも非常に便利です!

今は新バージョンがでて旧型になっていますが、その分価格が安くなっているので購入しやすい価格に落ちてきたといえます。

TFZ T2 GALAXY

TFZ社の
TFZ T2 GALAXYです。

TFZ T2 GALAXYは上述のTFZ SERIES 2の第2世代目のイヤホンです。

TFZ T2 GALAXYの特徴はパワフルな低音です。

ドンシャリ傾向なのはTFZ SERIES 2と同じですが、より低音が印象に残るイヤホンです。

低音はレンジが広く、深い音もしっかりと出ています。

また、ぼやけておらずシャープな低音で、気持ちよく聞くことができます。

f:id:lzaakki:20190718190417j:plain

TFZ T2 GALAXYのケーブルはリケーブル可能です。

ケーブルは2pinタイプです。

そのため、断線したとしても2pinのケーブルを購入すれば聞くことができます。

f:id:lzaakki:20190718190422j:plain

TFZ T2 GALAXYは付属品が多いです。

イヤーピースは2種類入っているため、ベストなサイズをセレクトできます。

また、柔らかいケースもついており、持ち運びも非常に便利です!

さらに、TFZ T2 GALAXYはカラーバリエーションが豊富なため自分の好みの色を選ぶことができます。

好きな色のイヤホンをしたい方や女性にもおすすめです!

Yinyoo V2

Yinyoo社のYinyoo V2です。

Yinyoo V2の特徴は明るく元気な出音なドンシャリ傾向のイヤホンです。

とても音の圧が全体的に強めな、くっきりはっきりな音がしています。

音楽を楽しく聞くのに向いています。

明るめな曲を聴くときに利用するとピッタリでおすすめできそうです。

f:id:lzaakki:20190718203856j:plain

Yinyoo V2のケーブルはリケーブル可能です。

ケーブルは2pinタイプです。

そのため、断線したとしても2pinのケーブルを購入すれば聞くことができます。

f:id:lzaakki:20190718203852j:plain

Yinyoo V2は付属品が多いです。

イヤーピースは2種類入っているため、ベストなサイズ、フィット感をセレクトできます。

また、セミハードケースもついており、少し混んでいるくらいの電車やバスなどでも安心して持ち運ぶことができます。

LZ-Z04A

LZ社のLZ-Z04Aです。

LZ-Z04A の特徴は出音にメリハリのあるとても聞きやすい中音重視のイヤホンです。

各出音の解像度、分離感が非常に高く音が大変聞きやすいイヤホンです。

出音のバランスは中音が多少多めで分離感も高く聞き取りやすいため、ボーカルが好きな人におすすめできます。

ロックなどの明るい音楽にぴったりです。

f:id:lzaakki:20190718205800j:plain

LZ-Z04Aのケーブルはリケーブル可能です。

ケーブルはmmcxタイプです。

そのため、断線したとしてもmmcxのケーブルを購入すれば聞くことができます。

f:id:lzaakki:20190718205757j:plain

LZ-Z04Aはセミハードケースがついており、少し混んでいるくらいの電車やバスなどでも安心して持ち運ぶことができます。

カバンの中などでの断線を防ぐことができますね。

Echobox NOMAD N1

Echobox社のEchobox Nomad N1です。

Echobox Nomad N1の良さは何といっても高解像度な低音が出るところです。

全体的にはドンシャリ傾向なイヤホンで高低音がしっかり聞こえるイヤホンですが、特にその低音は出音の量、解像度、分離感がハイレベルで低音が好きな人にはとても良いイヤホンです。

f:id:lzaakki:20190717135615j:plain

ケーブルはリケーブル可能です。

Echobox Nomad N1のケーブルはmmcxタイプなので、断線したとしてもmmcxのケーブルを本体さえ壊れなければ購入すれば聞くことができます。

また、Echobox Nomad N1はノズルが交換式になっていてノズルを交換することで音の違いを楽しむことができます。

そのため、1つのイヤホンで3つの音の違いを楽しむことが出来る面白いイヤホンです。

f:id:lzaakki:20190717135443j:plain

さらに、Echobox Nomad N1は付属品が多数ついてきます。

ケースがついてくるので、イヤホンを外に持ち運ぶことも楽に出来ます。

イヤーピースがたくさんついてくるため自分に合ったイヤーピースを探して最良の音質を目指すことが出来ます。

ノズルとイヤーピースは個々人に合う合わないがあると思いますので、ベストなものを探すのも楽しいです。

KB EAR Opal

KB EAR社のKB EAR OPALです。

KB EAR OPALの良さは中高音の派手な音が出るところです。

全体的にはフラット傾向なイヤホンでどこか分かりやすい特徴のある出音のイヤホンではないですが、全音域が綺麗に聞こえるシンプルなイヤホンです。

小型で軽く持ち運びに向いているイヤホンです。

f:id:lzaakki:20190714164938j:plain

ケーブルはリケーブル可能です。

KB EAR OPALのケーブルはmmcxタイプなので、断線したとしてもmmcxのケーブルを本体さえ壊れなければ購入すれば聞くことができます。

f:id:lzaakki:20190714155236j:plain

さらに、KB EAR OPALは付属品が多数ついてくるタイプではありません。

しかし、その分本体価格がお安く設定されておりとても購入しやすいイヤホンです。

分かりやすいはっきりとした音で、リケーブル可能、かつお安いという最初の一本にお勧めできるイヤホンになっています!

おススメ1DDイヤホンのまとめ

いかがでしたか。

各イヤホンには個性があり、選ぶ際に重視するものもみんな様々だと思います。

1DDイヤホンはドライバーが1つなので全体的にサイズが小さく装着感が良いです。

出音としては、ドンシャリ傾向な出音が多いことが特徴と言えそうです。

はっきりと明瞭な分かりやすい出音が好みの方におすすめです!

イヤホン選びの参考になれば嬉しいです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です